仮想戦争―イスラーム・イスラエル・アメリカの原理主義

個数:

仮想戦争―イスラーム・イスラエル・アメリカの原理主義

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 02時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784894347526
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0030

内容説明

「9・11」はなぜ起きたのか?英米で絶賛された「テロvs対テロ戦争」をめぐる斬新な洞察。ムスリムの若者はなぜジハードに惹かれるのか?ユダヤ教、キリスト教、イスラームに通暁する著者が、今日の「世界」を解き明かす。いま必要なのは、原理主義者たちの「仮想戦争」を「地上」に引き下ろすことである。

目次

第1部 帰属意識の地勢学(国境のない個人―パレスチナ;二度約束された土地―聖都エルサレム)
第2部 神こそ戦びと(神殿への熱情が私を虜にする―イスラエル;信者軍団―アメリカ;近い敵と遠い敵―イラク北部の町トゥズ・ホルマト)
第3部 われわれの知っているような戦争の終焉(ジェネレーションE―英国の移民の町ビーストン;中間地帯―カイロ・アメリカン大学)

著者等紹介

アスラン,レザー[アスラン,レザー][Aslan,Reza]
ライター、宗教学者。1972年テヘラン生まれ。サンタ・クララ大学で宗教学を学んだあと、ハーヴァード大学神学大学院およびアイオワ大学創作学科小説部門で修士号、同大学でトルーマン・カポーティ基金小説部門の特別研究員および中東・イスラーム学の講師を務めたあと、カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校で宗教史の博士号を取得。カリフォルニア大学リバーサイド校創作学科助教授。CBSニュース、ナイトラインなどのTV番組の中東アナリストを務め、『ロサンゼルス・タイムズ』『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』『シカゴ・トリビューン』『ネーション』などにも寄稿

白須英子[シラスヒデコ]
翻訳家。日本女子大学文学部英文学科卒業。フリーランス翻訳者として雑誌、新聞、報道(『中央公論』、『英エコノミスト』、NHKなど)の翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

うえ

8
「欧州には二千万人以上のムスリムがいて、その大半が欧州の旧植民地からの移民である。実際、欧州のあちこちにいる移民は、さまざまな理由から、脱植民地化の不安定なプロセスに否応なしに巻き込まれた人たちが多く。ハシブ・フセイン…シェザード・タンウィアらを含む移民の大半は、南アジア出身であるし、フランス移民の多くは、モロッコやアルジェリアのようなフランス植民地からきている。…彼らは貧しく、ほとんどが若い男たちで欧州社会の中で孤立していたため…共通点を基盤にした自分たち独自の閉鎖的なコミュニティーを生み出していた。」2021/01/16

Shin

5
再読。グローバル化した世界におけるイスラム世界と欧米世界との交錯が、イスラム主義者の不満とイスラムになりきれない欧米在住のエリートたちの疎外感を高め、地域紛争という「近い戦い」とジハード唱導運動という「遠い戦い」を生み出すメカニズムを克明に描き出す。「仮想戦争(コズミックウォー)」とは、善か悪か、我々か奴らかという、単純なだけに解決のしようのない二項対立が、ミクロとマクロの世界で複雑に入り組む対立のタペストリーを指す。この単純かつ複雑な構図がおぼろげながらわかると、中東情勢の理解が飛躍的にクリアになる。2012/02/08

EnJoeToh

3
物語に抗するために。2010/08/06

犬吉

2
偶然Reza Aslanの講演を聞く機会があったことをきっかけに手にとった。共同体からの疎外感がCosmic Warの源泉だというのは納得。2010年の本書で提示した解決への提言が、2018年にわずかなりとも達成されているのかはまだ分からない。疎外感は、本来ごく身近な、身体的とさえいえる実感を伴った感覚であるはずなのに、それを形而学的に受け止めようとするジハーディストの「言葉」に対抗しうる、「身体的な手触り」のある何かを提供できていないのだな、と嘆息した。どうしてもオウム真理教のことを思い返してしまう。2018/03/29

メルセ・ひすい

2
14-17 コズミック・ウォー 予備知識はメルセ・アップ済みの『変わるイスラーム』を!著者お薦め。イスラームの若者はなぜジハード(葛藤・目標に向かって努力するの意味)に惹かれるのか。ユダヤ教、キリスト教、イスラームに通暁する著者が、今日の“世界”を解き明かす。“テロVS対テロ戦争”をめぐる斬新な洞察。なぜ女性を差別するのか…???がない。メルセ曰く・・イスラーム女性全ての識字率の向上・教養アップが平和への最短距離(*_*) それを言ったらアスランサン お終いかも(☆。☆)             2010/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/628489

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。