石牟礼道子全集・不知火〈第6巻〉常世の樹・あやはべるの島へほか

個数:

石牟礼道子全集・不知火〈第6巻〉常世の樹・あやはべるの島へほか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年08月22日 13時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 603p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784894345508
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0393

目次

1 常世の樹(船つなぎの木―天草上島栖本;言霊の寄る花―五島福江島 ほか)
2 『常世の樹』をめぐって(水を呑む樹;気配たちの賑わい ほか)
3 あやはべるの島へ(あやはびら;綾蝶生き魂―南島その濃密なる時間と空間(島尾敏雄・松浦豊敏・前山光則との座談会) ほか)
4 エッセイ―1973‐1974(ちいさな岬のこと;生き供養 ほか)

出版社内容情報

ことばの奥深く潜む魂から近代を鋭く抉る鎮魂の文学

 「南国的な島の樹に逢いにゆくのに雪が降る。雪は私に、常世の樹を探しにゆくのだという幻想をもたらした。いにしえ、私たちの先祖は、時じくの香の木の実を探しに海の彼方へと出かけたが、根の国、あるいは神たちの故郷の常世へゆく目じるしの樹はどこか。なぜ私はそこへゆきたいのか。生類たちは遙かなあの根源から、全き生命として甦えらねばならない、私もよみがえりたい。水俣からの願望を抱えて旅立つにふさわしく、さびかな雪空であった。」
(本文より)