石牟礼道子全集・不知火〈第12巻〉天湖ほか

個数:

石牟礼道子全集・不知火〈第12巻〉天湖ほか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月18日 12時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 517p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784894344501
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0393

目次

1 天湖(鳥のゆくのは;沖の宮;月影の橋 ほか)
2 『天湖』をめぐって(湖の上の藤;湖底の声;野の道ありき ほか)
3 エッセイ1994(炎のまわり;〓(ばい)独楽の旅―宇宙的な時間を夢見ながら(住井すゑとの対談)
丘の上の麦畑 ほか)

出版社内容情報

ことばの奥深く潜む魂から近代を鋭く抉る鎮魂の文学

 「石牟礼さんは太古の光を放って、現代に生きて少しも失わない。その光が『天湖』を書かせる。これは現代の神話でも童話でもない。精霊がものを言い、夢が現実を凌駕して、現実を虚空のものにまで押し上げてゆく力、その果しない想像力に私は魅きつけられる。私達はいくつになっても空想の徒だ。「夢がなからんば、何がほんとうか」というおひなの声がする。それは火種である。その火種をもらって現代人は燃えることができるだろうか。」
(志村ふくみ氏評)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件