別冊『環』<br> 税とは何か

個数:
  • ポイントキャンペーン

別冊『環』
税とは何か

  • 神野直彦
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 藤原書店(2003/11発売)
  • ブラックフライデー ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 48pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784894343634
  • NDC分類 345
  • Cコード C0310

内容説明

われわれが近代税制を確立してから一〇〇年以上が経過した現在、その税制と財政構造は深刻な危機を迎えている。今回の特集では、あるべき税制とその実現の可能性、さらに「財政破綻」を回避するためのエコノミスト・研究者たちの真摯な提案が結集されている。シュムペーターは税問題を解決するには、説得的で論理的な言葉が必要であると説いていた。まさに本書に集まった諸論文は、その試金石になることであろう。

目次

現代日本がかかえる“税”の歪みとは何か?インタビュー・税はどうあるべきか―国民主権を獲得するために(神野直彦)
税の現状と提言(戦後地方税制の問題とは何か―シャウプ税制の限界と地方の未来(原田泰)
日本国家の財政破綻はありうるか(田中秀臣) ほか)
あの「トービン税」を初めて具体的に紹介した論文を初邦訳 国際通貨改革のための提案(ジェームズ・トービン)
税の国際比較―税制と税思想(課税の正統性とは何か―課税・財政制度を介した社会的レギュラシオンの可能性(中原隆幸)
ヘーゲルの税の哲学(高柳良治) ほか)