邂逅

個数:
  • ポイントキャンペーン

邂逅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月24日 16時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784894343405
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0010

内容説明

脳出血に倒れ、左片麻痺の身体で驚異の回生を遂げた社会学者・鶴見和子と、半身の自由と声とを失いながら、脳梗塞からの生還を果たした免疫学者・多田富雄。病前、一度も相まみえることのなかった二人の巨人が、今、病を共にしつつ、新たな思想の地平へと踏み出す奇跡的な知的交歓の記録。

目次

自己と非自己について―多田富雄さんへ(二〇〇二・五・三一)(鶴見和子)
創造性について―鶴見和子さんへ(二〇〇二・六・一四)(多田富雄)
異なるものが異なるままに―多田富雄さんへ(二〇〇二・七・七)(鶴見和子)
超越とは何か―鶴見和子さんへ(二〇〇二・七・二七)(多田富雄)
自己と創造性―多田富雄さんへ(二〇〇二・一二・一)(鶴見和子)
異なった階層間の接点―鶴見和子さんへ(二〇〇三・一・三)(多田富雄)
「われ」とは何か―多田富雄さんへ(二〇〇三・一・二六)(鶴見和子)
自己と他者について―鶴見和子さんへ(二〇〇三・三・二〇)(多田富雄)

著者等紹介

多田富雄[タダトミオ]
1934年、栃木県結城市生まれ。東京大学名誉教授。専攻・免疫学。元・国際免疫学会連合会長。1959年千葉大学医学部卒業。同大学医学部教授、東京大学医学部教授を歴任。71年、免疫応答を調整するサプレッサー(抑制)T細胞を発見、野口英世記念医学賞、エミール・フォン・ベーリング賞、朝日賞など多数受賞。84年文化功労者。能に造詣が深く、舞台で小鼓を自ら打ち、また『無明の井』『望恨歌』『一石仙人』などの新作能を手がけている。2001年5月2日、出張先の金沢で脳梗塞に倒れ、右半身麻痺と仮性球麻痺の後遺症で構音障害、嚥下障害となる。著書に『免疫の意味論』(大佛次郎賞)『独酌余滴』(日本エッセイストクラブ賞)など多数

鶴見和子[ツルミカズコ]
1918年、東京生まれ。上智大学名誉教授。専攻・比較社会学。1939年津田英学塾卒業後、41年ヴァッサー大学哲学修士号取得。66年プリンストン大学社会学博士号を取得。論文名Social Change and the individual:Japan before and after Defeat in World War2(Princeton Univ.Press,1970)。上智大学外国語学部教授、同大学国際関係研究所所長を務める。95年南方熊楠賞受賞。99年度朝日賞受賞。幼少より佐佐木信綱門下で短歌を学び、花柳徳太郎のもとで踊りを習う(二十歳で花柳徳和子を名取り)。1995年12月24日、自宅にて脳出血に倒れ、左片麻痺となる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。