金融小説名篇集

個数:

金融小説名篇集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月21日 07時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 524p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784894341555
  • NDC分類 953
  • Cコード C0397

内容説明

『ゴプセック』『ニュシンゲン銀行』『名うてのゴディサール』の三篇は、「人間喜劇」中のいわば「経済もの」と呼ぶべき中篇である。強欲きわまりない高利貸しの、深遠な人間観察力と壮絶な最期を描いた『ゴプセック』、大銀行家ニュシンゲン男爵の驚くべき財産形成について語る『ニュシンゲン銀行』、地方を征服すべくやってきたパリの名うてのセールスマンをめぐる滑稽話『ゴディサール』、いずれも「金銭」や「商売」をめぐるドラマを描いた傑作群である。『骨董室』、それは革命後の近代化に背を向け、旧制度を生き続ける地方貴族のサロン。これは、そこに生を承けた青年ヴィクチュルニアンのパリでの冒険と破滅の物語である。それは由緒ある家柄という純粋さの宿命であろうか?もうひとつの『ペール・ゴリオ』。