バムとケロのにちようび

個数:
  • ポイントキャンペーン

バムとケロのにちようび

  • 島田 ゆか【作・絵】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 文渓堂(1994/09発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに98冊在庫がございます。(2022年08月13日 08時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(頁/高さ 22X29cm
  • 商品コード 9784894230422
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

色使いがあたたかく子どももとても楽しんでいます。ストーリーもユーモアがあり、よく笑っています。細部にも凝っていて、欲しいなあと思うものがいっぱい。何度も何度も繰り返し読んでもあきません。

幼児

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らったった

170
屋根裏で飛んでもないハプニングが続出(^_^;)それでも愉しそう(*^^*)やっぱりこのシリーズ面白いですね♪2013/12/18

Kawai Hideki

141
天気のすぐれない日曜日を気持ちよく過ごす方法。犬のバムは外で遊べないので読書しようとするが、まずは部屋を片付けなければ…。あらかた片付いたと思ったら、カエルのケロが泥だらけになって帰ってきて…という、このシーンが一番好きだ。2016/01/23

シナモン

140
あんなに綺麗にした後、泥んこで帰って来たケロを怒らないバム、偉い、尊敬です。おやつの山盛りドーナツが美味しそう。本が読めるまでには大変な道のりがありました。そりゃ、本を読む頃にはこうなっちゃうよね。一つ一つは大変そうだけど、何だかとっても楽しそう。こういうのを幸せっていうんだろうなぁ。 2021/07/22

つくよみ

90
図書館本:雨の日曜日。外で遊べないから、家の中で本を読もう。でも、その前に?ケロちゃんが汚し放題に汚した部屋を片付けなきゃ。という事で、お掃除開始。その部屋の散らかりっぷりが見事。だけど、なんだかセンスが良い。散々苦労して綺麗にしたら、おやつを作って、屋根裏部屋で本探し。ここでも意外なハプニング!これは怖い。と、まぁ色々苦労した甲斐あって、やっと優雅な読書タイム・・・って、やっぱりこうなるよね。本の隅々まで、センスが良くて可愛い小物でぎっしり。オモチャ箱のような作品&檻のねずみがなんとも可愛い♪2013/10/15

yanae

81
先月バムケロと出会い、早速2冊目♡日曜日、なんでもない日も特別な1日になる♡あぁ、ほんとにかわいい。日曜日、ドーナツをつくって読書をしようと屋根裏にいったら…ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!現実だったら気絶する…のに島村さんが描くとなんとも愛くるしい♡いもむしさんたち、いろんなページに出てきますね!にしても、今作もケロちゃんのダメっプリにキュンキュン♡(笑)よごしすぎー!バムはほんとに懐が大きい♡バムケロほんとに大好きです♡2019/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/520352

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。