クレーン男

クレーン男

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 172p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784894192492
  • NDC分類 943
  • Cコード C0097

著者等紹介

チムニク,ライナー[チムニク,ライナー][Zimnik,Reiner]
1930年、上部シュレジエン地方ボイテン(現ポーランド領)生まれ。ミュンヘン在住

矢川澄子[ヤガワスミコ]
東京生まれ。長野県在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

80
交易の発展を願って巨大なクレーンを据えつけた町。威風堂々としてた姿に惚れ込んでしまった一人の男。ライバルたちを蹴落としてクレーン係に名乗りをあげ、てっぺんのクレーン小屋に住み、仕事が終わっても降りようとしない。町の人々から『クレーンオトコ』と呼ばれるようになった彼は、空から町の変化を見つめ続けた。戦争が起こって町にだれもいなくなっても、灯台の役目を務めた。世界が変わってしまっても、変わらないものがある……。哀愁に満ちた浮遊感のある物語。簡潔で味わいのある絵もすごく良い。今はなくなってしまったパロル舎の本。2016/02/15

藤月はな(灯れ松明の火)

40
図書館で偶然、見つけて引き込まれた本でした。世界一高いクレーンが大好きすぎてクレーンから降りなくなった男の物語。ユーカリ・ボンボンを親友のクワトロと食べつつ、偶に下から声を掛けてくる街の人々と話して。だけど戦争が始まり、死体の山が気づかれた後、街は海に沈んでしまったのです。クレーンを整備するための油を欲しがり、クレーンを倒そうとするサメと闘い、鷹と魚を分け合う彼。しかし、時は流れて・・・。寓話らしいけど、切ないファンタジーとしても読める素晴らしい作品。最後に寂しくも温かい絵に街の人々と同じ気持ちになります2015/10/04

とよぽん

33
チムニクの作品を追いかけて。クレーンの仕事を生きがいにしている男。暴れるゾウを吊り上げて川でクールダウンさせるなど、奇想天外な話。しかし、親友を戦争で亡くして、クレーンが水没して、ワシと出会って、サメと戦って・・・愉快半分、哀愁半分、好きなことを仕事に生きたクレーン男は幸せだった。これも、絵がとてもよかった。2019/03/21

小夜風

28
【所蔵】長崎の世界遺産になった巨大クレーンを想像しながら読みました。誰よりもクレーンに惚れ込んでしまい、クレーン男としてクレーンの上で暮らした男のお話。それだけで喜怒哀楽全て書かれていて、可笑しかったり切なかったり、悲しかったり嬉しかったり……。読み進むうちに、クレーンと男が何処に行き着くのか見届けたくなりました。挿し絵を見るのも楽しかったです。作者名で検索したら、クレーン男の友だちとして出てきたレクトロのお話もあるみたいで、そちらも読みたいです。2015/11/17

おはなし会 芽ぶっく 

14
半生を高さ49メートルの上で過ごしたクレーン男。戦争があっても、町が海に沈んでも、降りようとはせず、クレーンの上から眺め続けた。唯一取り残された海上で、町の復興と滅亡を見つめた後、彼はクレーンを下り去っていく。哀愁ありつつ、好きな仕事ができたクレーン男は幸せだったのだろう…。2021/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/522437

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。