ぼく いちびり―上方写真帖

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784893400260
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

内容説明

「いちびり」とは、大阪弁独特のことばで、「調子づいて、はしゃいだり、ふざけたりする人」「すこしばかり、ええ気になっている、困った人」のこと。歩く、撮る、いちびる。妄想と恍惚のはざまで、孤高のイチビリスト、降臨。ナチュラル・ボーン・イチビリストが見た世界とは。

著者等紹介

福井栄一[フクイエイイチ]
上方文化評論家。(社)生活文化研究所理事。大阪府吹田市出身。京都大学法学部卒。京都大学大学院法学研究科修了。上方舞を中心とする上方の芸能、歴史文化に関する評論を発表するとともに、各地で精力的に講演活動を行い、そのユニークな「福井節」で上方文化の新時代の語り部として注目されている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。