新 心理学的社会心理学―社会心理学の100年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 413p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784892428401
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C3011

内容説明

「社会心理学とはなにか?」という問いから始まり、歴史的背景、現在までに至る諸理論、研究法まで幅広く網羅。

目次

第1部 「新 心理学的社会心理学」への導入(社会心理学とは?;社会心理学の歩み;新 心理学的社会心理学とは?)
第2部 「新 心理学的社会心理学」の展開(社会的人間の社会心理学;対面・対話場面の社会心理学;大量社会現象の社会心理学)
第3部 「新 心理学的社会心理学」の研究法(研究方法の基盤;研究場面構成法;資料収集法)

著者等紹介

中村陽吉[ナカムラヒヨシ]
1925年、東京生まれ。1947年、京帝国大学文学部心理学科卒業。博士(心理学)。同年、厚生省国立公衆衛生院嘱託として心理学研究室に勤務。東京都立大学人文学部助教授、ハーバード大学出張、東京女子大学文理学部教授、学習院大学文学部教授を経て、1996年、同大学を退職。日本グループ・ダイナミックス学会名誉会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。