自閉症・学習障害を追いかけて―母の目・記者の眼

個数:
  • ポイントキャンペーン

自閉症・学習障害を追いかけて―母の目・記者の眼

  • 吉川 正義【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • ぶどう社(2002/11発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 125pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784892401602
  • NDC分類 378.6
  • Cコード C0036

内容説明

「私が生きている間にやり遂げておきたいこと、それを考えた時、最初に思い浮かんだのは、新聞記者時代から自分がいちばん力を注ぎ、追いかけてきたテーマ『自閉症』『学習障害』と、その領域の子どもたち(発達障害児)についてのまとまった一冊の本を書くことだった」本書は、元読売新聞記者が、がんと闘いながら、「自閉症」「学習障害」についてライフテーマとして書いたものです。

目次

がん告知
なにが裁かれたのか
母と子の軌跡
『レインマン』をめぐって
学習障害児に出会って
折々のこと
がん再発

著者等紹介

吉川正義[ヨシカワマサヨシ]
元読売新聞記者。1963年、読売新聞社入社。写真部、千葉支局を経て社会部記者。方面本部、警視庁、警察庁など警察記者のあと都庁記者クラブを担当。遊軍記者時代に主に福祉、教育問題を取材。解説部次長、科学部次長就任。デスクワーク(地球環境問題など)のたかわら、自閉症、学習障害問題の追跡を続けた。その後、金沢読売会館事務局長、東京読売巨人軍企画部長を経て、読売・日本テレビ文化センター勤務。2001年6月から専務取締役・総務本部長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。