フィクションの楽しみ<br> 美術愛好家の陳列室

個数:

フィクションの楽しみ
美術愛好家の陳列室

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 154p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784891765569
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

1913年、一枚の絵に全米は騒然となった。そして、美術市場を巻き込んだ大騒動が…。錯綜する“傑作”。

著者等紹介

ペレック,ジョルジュ[ペレック,ジョルジュ][Perec,Georges]
1936年、パリに生まれ、1982年、同地に没した。小説家。1965年、『事物』(1965)でルノドー賞を受賞して文壇に登場。1966年、レーモン・クノー率いる実験文学集団「ウリポ」に加わり、『失踪』(1969)など言語遊戯的作品の制作に耽る。そのかたわら、自伝的作品への関心も抱き続けた。1987年、『人生 使用法』(1978、邦訳、水声社、1992)でメディシス賞を受賞

塩塚秀一郎[シオツカシュウイチロウ]
1970年、福岡県に生まれる。東京大学教養学部卒業。早稲田大学理工学部助教授。専攻、フランス近現代文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。