命の水―チェコの民話集

個数:

命の水―チェコの民話集

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年06月20日 22時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 173p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784890139859
  • NDC分類 K388
  • Cコード C0097

内容説明

“チェコのグリム”エルベンの集めた珠玉の昔話20編。ブラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリ受賞画家・出久根育のオールカラー絵本!

目次

黄金の太陽(世界の創造について;金色の髪のお姫さま;宝物 ほか)
動物のことば(ヤナギ;チェコのことわざ;動物のことば ほか)
世界をかけめぐる者(幸運と知恵;なぞなぞ;この世に死神がいてよかった ほか)

著者等紹介

エルベン,カレル・ヤロミール[エルベン,カレルヤロミール] [Erben,Karel Jarom´ir]
1811年、ボヘミア(現在のチェコ)北東部ミレチーン生まれ。作家、詩人、民俗学者。同時代、グリム兄弟がドイツの民話を収集したように、エルベンはチェコとその周りの国々に伝わる民話・民謡・詩・ことわざなど、チェコ語の資料を収集したため、「チェコのグリム」と呼ばれる

出久根育[デクネイク]
武蔵野美術大学卒業。2002年以降、プラハに在住。挿画作品に、『あめふらし』(グリム兄弟、偕成社、2001年/ブラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリ受賞2003年)、『マーシャと白い鳥』(ミハイル・ブラートフ、偕成社、2005年/日本絵本賞大賞受賞2006年)など多数。『命の水―チェコの民話集』チェコ語版でアルバトロス社賞(高学年児童向けイラストレーションの部、2011年)を受賞している。グリム童話をテーマにした銅版画で、1989年ボローニャ国際絵本原画展に入選。2002年、拠点をチェコに移し、現在は、日本とチェコを中心に子供の本の挿絵を手がけている

阿部賢一[アベケンイチ]
東京外国語大学大学院博士後期課程修了。翻訳家、東京大学准教授。チェコの文学の研究および翻訳に従事している。パトリク・オウジェドニーク『エウロペアナ 20世紀史概説』(共訳、白水社、2014年)で第一回日本翻訳大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。