Think book
医療が悲鳴をあげている―あなたの命はどうなるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4変判/ページ数 246p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784890136155
  • NDC分類 498.021
  • Cコード C0047

内容説明

妊婦たらいまわし事件の根本はここにある。ひとごとではないこれだけの問題が…。医師らが病院から去っていくわけ。

目次

1章 医師、看護師が病院から去ってゆく
2章 ぜひ知ってほしい医療と病院の現実
3章 医療の安全と安心
4章 医療と法、裁判
5章 医療崩壊をどう防ぐか―著者の提言
6章 患者本位の医療の仕組み

著者等紹介

近藤喜代太郎[コンドウキヨタロウ]
1969年東京大学医学部卒業。同大内科、新潟大学助教授(神経内科)を経て北海道大学医学部教授(公衆衛生学)、放送大学客員教授(健康科学)を歴任。北海道大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みぃ姉

2
主に産科・小児科医療の崩壊について書かれている。 考え方はかなり偏っているように感じられる(このことは著者自身も認めている)ものの、「ひとつの考え方」としては一読の価値はあったと思う。2011/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2647117

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。