絆―「らい予防法」の傷痕 日本・韓国・台湾

個数:

絆―「らい予防法」の傷痕 日本・韓国・台湾

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月22日 14時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 129p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784890071630
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0072

内容説明

「らい予防法」廃止から10年!カミングアウトによる「人間回復」のよろこびと、今なお残るハンセン病差別の実態を森元美代治・美恵子夫妻が証言!らい予防法廃止の舞台裏、元患者の社会復帰を阻む諸問題、ひいては日本人の心の内に潜む「弱者疎外」意識を浮き彫りにする。2006年第2回DAYSフォトジャーナリズム大賞審査員特別賞受賞作品。

著者等紹介

八重樫信之[ヤエガシノブユキ]
フォトジャーナリスト。1943年、中国長春生まれ。’69年朝日新聞社入社。写真部、アエラ編集部、映像本部を経て、2003年定年退職。現在、フリー。’87年に東京写真記者協会企画部門賞、農業ジャーナリスト賞受賞。’97年ハンセン病患者・元患者の「尊厳の確立展」(WHO、IDEA主催=国連本部)に出品。『絆―「らい予防法」の傷痕 日本・韓国・台湾』で2006年第2回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞審査員特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【著者情報】
八重樫 信之 フォトジャーナリスト ハンセン病市民学会会員
1943年生まれ。1969年朝日新聞社写真部入社。1996年週刊誌アエラのフォトディレク
ター。この年らい予防法が廃止されたのをきっかけに、ハンセン病問題の取材開始。
2003年定年退職し、現在フリー。'87年に東京写真記者協会企画部門賞受賞。写真展
「絆―らい予防法の傷痕 日本・韓国・台湾」を全国巡回中。日本写真家協会会員。
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会会員