シングルマザーをひとりぼっちにしないために―ママたちが本当にやってほしいこと

個数:

シングルマザーをひとりぼっちにしないために―ママたちが本当にやってほしいこと

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 170p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784889009460
  • NDC分類 369.41
  • Cコード C0036

内容説明

孤立していた4人のシンママたちが語り合った初めての座談会。貧困と社会の眼差しに向き合いながら、何よりも子どもの幸せを願う彼女たちの人生を支援するために必要なことは何か。

目次

第1章 なぜシンママ大阪応援団を立ち上げたのか(シンママとも子さんとの出会い;シングルマザーと子どものサポーター養成講座を開催 ほか)
第2章 シングルマザーのリアルを語り合う(ギャンブル依存症でDVの夫からの離婚を思案中の鈴木あき子の場合;再婚相手から性的虐待を受けた娘を持つ遠藤えみの場合 ほか)
第3章 シンママ大阪応援団が何を大切に活動しているのか(最初はほとんどメールはなかったが;「お茶しませんか?」 ほか)
第4章 女性が生きるのが困難な社会(母子家庭の生活の苦しさ;シングルマザーは働いている ほか)
第5章 4人のシングルマザーの今とこれから(人間らしく生きる権利がある…谷口友子;毎日が無事に終わることで精一杯…松本和美 ほか)

著者等紹介

芦田麗子[アシダレイコ]
1973年生まれ。龍谷大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻修士課程修了。修士(社会福祉学)。種智院大学助手、東海学院大学講師、大阪千代田短期大学講師等を経て、現在神戸親和女子大学講師。大阪のDV被害者サポートグループCOSMOにて、立ち上げから解散までの12年間ボランティアスタッフとして暴力被害を受けた女性や子どもの支援に関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。