これでもやるの?大阪カジノ万博―賭博はいらない!夢洲はあぶない!

個数:

これでもやるの?大阪カジノ万博―賭博はいらない!夢洲はあぶない!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月18日 10時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 87p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784889009439
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0031

目次

第1章 「健康長寿万博でカジノ?」(夢洲とはどんなところなのか;万博にかこつけてカジノ?;万博と賭博場(カジノ)のコラボレーション??
南港(咲洲)・舞洲・夢洲の開発物語)
第2章 カジノ合法化法とギャンブル依存対策(カジノ合法化法案の提出とその後の経過;カジノ合法化法の内容と特徴;カジノ合法化法の問題点;求められる問題ギャンブル対策;ギャンブル依存対策とカジノ合法化法)
第3章 夢洲開発は危険でムダ―南海トラフ巨大地震による夢洲での予想される被害(南海トラフ巨大地震と津波の高さ;「夢洲」は津波にのみ込まれる;護岸沈下を想定すべき;強い揺れと長時間の揺れが被害を大きくする;液状化は発生する;必ず生じる長周期地震動とは;避けがたい津波火災)

出版社内容情報

2016年12月16日未明、国民の60%以上が反対する中、強行可決された「カジノ合法化法」(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律)は、それまで犯罪とされていた賭博場を、まさに問答無用の強引な解釈で日本政府が公認するというもので、後世に多大な悔いを残す悪法となりました。これによって日本各地でカジノの誘致合戦が始まりますが、特に大阪府・市はカジノに万博をセットして誘致したいと、関西財界のバックアップも得て極めて熱心です。しかしその会場となる大阪湾の夢洲は、南海トラフ巨大地震発生時には津波に襲われるというとても危険な場所です。このブックレットは、カジノ合法化法の内容と思想をギャンブル依存の問題とも合わせて徹底批判し、さらに巨大地震による被害想定を無視したカジノ万博構想と大阪府・市の街づくりを検証、その撤回を求める世論の形成を願うものです。大阪だけでなく全国でカジノ問題について考える人々に薦めます。

カジノ問題を考える大阪ネットワーク[カジノモンダイヲカンガエルオオサカネットワーク]

新川眞一[ニイガワシンイチ]
1960年大阪府生まれ。日本福祉大学社会福祉学部卒業。大阪司法書士会所属。大阪クレサラ・貧困被害をなくす会(大阪いちょうの会)事務局次長、全国カジノ賭博場設置反対連絡協議事務局次長、カジノ問題を考える大阪ネットワーク副代表。

桜田照雄[サクラダテルオ]
1958年大阪市生まれ。大阪市立大学、京都大学大学院経済学研究科を経て、阪南大学流通学部教授。博士(経済学・京都大学)。カジノ問題を考える大阪ネットワーク代表。

吉田哲也[ヨシダテツヤ]
1971年佐賀市生まれ。京都大学法学部卒業。兵庫県弁護士会所属。弁護士法人青空代表社員弁護士(尼崎あおぞら法律事務所)。日弁連消費者問題対策委員会委員、日弁連多重債務問題対策ワーキンググループ、依存症問題対策全国会議事務局長、全国カジノ賭博場設置反対連絡協議事務局長。

田結庄良昭[タイノショウヨシアキ]
1943年京都市生まれ。神戸大学名誉教授、理学博士。被災体験から住民の立場で災害研究を行っており、地質ボランテイア代表、兵庫県震災復興研究センタ-理事、兵庫県自治体問題研究所理事、NPO法人日本地質汚染審査機構理事などを務める。

川内康雄[カワウチヤスオ]
カジノ問題を考える大阪ネットワーク事務局次長・大阪クレサラ・貧困被害をなくす会(大阪いちょうの会)事務局長。