財界主権国家・ニッポン―買収政治の構図に迫る

個数:

財界主権国家・ニッポン―買収政治の構図に迫る

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 137p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784889009149
  • NDC分類 315.1
  • Cコード C0031

目次

第1章 日本経団連の2大政党「買収」(「民主主義のコスト」と企業・団体献金;企業・団体献金の政党本位「改革」 ほか)
第2章 民主党「企業・団体献金全面禁止」公約の反故(追い詰められて“「企業・団体献金」全面禁止”公約へ;民主党の公約反故に向けた策動 ほか)
第3章 悔やまれる民主党公約反故(東電の福島原発「事故」と組織的献金;電力各社の“事実上の企業献金” ほか)
第4章 西松建設違法献金事件―企業負担のダミー政治団体・役員献金(西松建設違法献金事件発覚と同社社長・二階俊博大臣秘書の有罪;小沢一郎氏の公設秘書有罪 ほか)
第5章 企業・団体献金の全面禁止の必要性(企業・団体献金正当化論とその批判;企業・団体献金における人権侵害 ほか)

著者等紹介

上脇博之[カミワキヒロシ]
1958年7月生まれ。鹿児島県姶良郡隼人町(現「霧島市隼人町」)出身。鹿児島県立加治木高等学校卒業。現職、神戸学院大学大学院実務法学研究科(法科大学院)教授。専門、憲法学、政党に関する憲法問題、国民代表制論、政治資金問題など。1984年3月関西大学法学部卒業。1988年3月神戸大学大学院法学研究科博士課程前期課程修了。1991年3月神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程単位取得退学。1991年4月~1993年3月日本学術振興会特別研究員(PD)。1994年4月~2004年3月北九州大学(現「北九州市立大学」)法学部・専任講師・助教授・教授。2004年4月~現職。博法(法学)2000年2月神戸大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。