「橋下総理」でいいんですか?―記者がみたウソ・ホント

個数:

「橋下総理」でいいんですか?―記者がみたウソ・ホント

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784889008814
  • NDC分類 318.263
  • Cコード C0031

内容説明

橋下徹氏の大阪府知事選立候補から現在までを見つめ続けてきた地方新聞の橋下担当記者が綴るマスコミ報道では伝わらないニュースの裏側。

目次

はじめに テレビの中の橋下さん
第1章 国政進出と「維新八策」
第2章 失政のシンボルタワー
第3章 子どもたちは「笑った」か?
第4章 「大阪解体」に突き進む―「大阪都構想」の虚構
第5章 橋下さんの「僕の価値観」
第6章 「決定できる民主主義」の正体
力強い言葉のどうしようもない軽さ―あとがきにかえて
9問9答 橋下・維新の会は大阪と日本をどう「改革」?
資料‐年表 橋下氏と大阪維新の会をめぐる主な動き

著者等紹介

小西進[コニシススム]
1965年京都・西陣生まれ。1989年に関西大学文学部哲学科を卒業、「大阪民主新報」記者となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。