失業しても幸せでいられる国 - フランスが教えてくれること

個数:

失業しても幸せでいられる国 - フランスが教えてくれること

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 112p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784889008685
  • NDC分類 366.023
  • Cコード C0030

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

はづき

6
やっぱり日本は大きく認識を改めなければならない。でも、そうは言っても仕事に生きがい感じている(感じたいと願っている、感じていると思いこんでいる含め)人が大半だから、フランス人のような思考をしろとはならないわけで。マイケル・ムーアの「世界侵略のススメ」みたいな本。2019/09/23

Sym

5
カルチャーショック…。 フランスが福祉国家であるという認識は以前からあったけど、考え方が全然違う。 「社会保障っていうのは「働かなくても食べられる権利」です。」 「教育なんて「貧困」には無力です。教育ではなくて、仕事の条件をきちんとしてこそ「貧困」はなくせます。そして教育で大切なのは、仕事のためではなく、人類の英知を身に付ける社会・自然への科学的見方を学ぶことです。」 もちろんいいことばかりではないけど、それを踏まえても日本で働くことが馬鹿らしくなる。 日本の労働運動ももっと権利を主張しないと。2019/02/14

honyomitai46

4
最後の章の「日本を変えるために私たちに必要なこと」で、社会保障を"働かなくても食べられる権利"と書かれ、本来そうあるべきやなー。 デモやストライキが楽しく取り組まれ、組合がとにかく闘いぬいて、みんなの要求のために闘ってくれる組合に、みんなで味方するって、市民感覚というか、日本の組合を斜めから見るのとはやっぱり違う。団結するときに、一緒に闘って連帯するとき、社会は、会社は必ず変わるし、人も変わる。 労動礼賛で、労働することは素晴らしいと言っていてはだめだという感覚を持ち続けたい。権利と、豊かに生きるために。2018/03/12

Takao

3
2010年10月20日発行(2011年11月20日)。同じ資本主義国ながらなぜにここまで社会の仕組みが違うのか。というより社会の基礎となる哲学というか社会観、人生観が違っている。著者は日本の社会保障運動にも苦言を呈している。要するに真面目すぎるのである。フランスで数年暮らしてみないと理解できないのかもしれない。2017/01/02

ゆうこ

3
わかりやすい!表や写真を入れてくれるのもありがたい。するする読めた。2011/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1276884

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。