女子美術大学講義録書物を構成するもの<br> タイポグラフィ・タイプフェイスの現在―5人の書体設計家と3人のタイポグラファーの思い

個数:
  • ポイントキャンペーン

女子美術大学講義録書物を構成するもの
タイポグラフィ・タイプフェイスの現在―5人の書体設計家と3人のタイポグラファーの思い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月23日 09時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 198p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784888888332
  • NDC分類 727.8
  • Cコード C2000

内容説明

この本は、現代の印刷文字をデザインする5人の書体設計家と、その文字を使用して、組版を設計する3人のデザイナー、もう少し細かくいえばタイポグラファーの、制作にあたっての基本的なコンセプトと自らの作品についての想いを綴った講演集です。

目次

書物を構成するもの―書かれ刷られた文字(森啓)
ひとつの書体をつくること(小塚昌彦)
「ヒラギノ」ファミリーのデザインコンセプト(鳥海修)
「タイポス」「タイポスオールマイティ」と最近の新書体(桑山弥三郎)
「ナール」「ゴナ」「デジタル書体」の発想から仕上げまで(中村征宏)
日本の印刷書体の源流(小宮山博史)
写植書体の歴史的展開と写植文字の今日的な意義(工藤強勝)
デジタルフォントの現状(永原康史)