建築はほほえむ―目地・継ぎ目・小さき場

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 116p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784888663854
  • NDC分類 520
  • Cコード C0052

出版社内容情報

建築を考えれば世界はみつかる

高校生や大学生など、はじめて建築を学ぶ人たちを対象に、アフォリズム形式の平易な文体で綴られた建築論。

著者等紹介

松山巌[マツヤマイワオ]
1945年東京生まれ。東京芸術大学美術学部建築科卒業。小説家・評論家。主な著書に『乱歩と東京』(日本推理作家協会賞)『うわさの遠近法』(サントリー学芸賞)『闇のなかの石』(伊藤整賞)『群衆』(読売文学賞)等がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

袖崎いたる

8
現代詩とは何か…という問いへの回答として挙げられていた本。読んでみると現代詩風味がある。そして著者は建築家であるばかりではなく小説家でもあるらしい。建築への誘いの書。2020/02/18

なおこっか

3
須賀敦子さんの言う『思想』の有無について、考えながら読んだ。恐らく、暴力的なまでに機械的なこの街の中にも、思想ある建物は在るはずなのだ。松山厳氏や、この本を読んで建物を創る人々が居るのだから。題の意味にたどり着いた時には、ほっと暖かい気持ちになる。物を売り消費する仕事をしている自分だが、ぐるりと周囲を見回してみたいと思う。2017/06/11

きくまる

3
再読。私の読書の原点。建築を志す人のために書かれたそうだが、技術的な話はなくて、まるで歌うような言葉で綴られている。ゆっくりと自分の好きな場をさがそう、それは小さな場。効率優先の世界で失われていく場。しかし完璧な世界はないのだから、世界は未完のものだから、継ぎ目としての場が必要なのだ。未完であることを意識している人は、その場を通して人とつながろうとする。建築を志す人ばかりでなく、私たちの日常、生き方にまでしみ通るような言葉でした。2011/06/10

やふし

3
再読。大切な人が「建築ってほほえむんだ」と、僕の本棚を見て指摘したことがきっかけでの再読。建築という行為を仕事として昇華してしまっていた自分に、もう一度大切なことを思い起こさせてくれた。感謝。2009/06/29

hobby no book

2
詩的というか、何だか不思議な文体でいて、しっかりと建築について書かれていて、面白い読書体験だった。2016/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/383789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。