続・薬はなぜ効くのか?―「Q&A」で知る薬の働き方

個数:

続・薬はなぜ効くのか?―「Q&A」で知る薬の働き方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B40判/ページ数 161p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784888561204
  • NDC分類 491.5
  • Cコード C0277

内容説明

好評だった前著『薬はなぜ効くのか?―病気をよく知り薬に賢く』発刊から7年。その後、200回を数えた新聞連載の中から抜粋して、薬の働き方について「Q&A」方式で、薬理学の権威が分かりやすく解説する。

目次

1 薬は、どこにどのように作用しているのか?―作用点と作用機序から観た薬(薬は、生理活性物質の作用点(受容体)に作用する
薬は、生理活性物質の代謝(生成、分解)に作用する ほか)
2 薬は、私たち自身の体の中でも創られている?―自然(自己)治癒力(麻薬物質で痛み軽減―モルヒネ様物質;睡眠と「メラトニン」―メラトニン ほか)
3 薬の併用効果は?―有効性を高め、副作用を軽減する―メリットとデメリット(薬の多剤併用について;薬の相互作用(薬の代謝系) ほか)
4 薬は、種々の点に働きかけ、同一の効果を発揮する?―薬の作用の多様性(血圧を下げるための薬;血糖値を下げるための薬 ほか)
5 カフェインとアルコールの多様な作用?―興奮作用と麻痺作用(カフェインの作用;アルコールの作用 ほか)

著者等紹介

岡源郎[オカモトオ]
徳島大学名誉教授。元大阪薬科大学学長。日本薬理学会名誉会員。奈良県薬剤師会会員。昭和29年大阪薬科大学卒。34年大阪大学大学院薬学研究科修了。42年大阪大学医学部助教授。50年徳島大学医学部教授。平成7年徳島大学名誉教授。大阪薬科大学学長。11年同任期満了退職。21年春の叙勲で「瑞宝中綬章」受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。