明治の長崎 撮影紀行―小川一真と江南信國のはるかなる旅路

個数:

明治の長崎 撮影紀行―小川一真と江南信國のはるかなる旅路

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784888512299
  • NDC分類 219.3
  • Cコード C0026

内容説明

古写真学は形態学である。脳神経解剖学者の著者が科学的手法で古写真の謎を解く。明治期長崎の風景写真から撮影者の足どりがいまよみがえる。「撮影者未詳」の写真師の新たな「発見」がここにある。

目次

長崎古写真を考えるヒント
港:玄関口
山:展望台
寺:境内
社:お諏訪さん
川:中島川と石橋
峠:蛍茶屋から日見峠へ
道:正覚寺から茂木街道
湯:小浜と雲仙
島:神の島の一日
小川一真とアドルフォ・ファルサリの長崎旅からみえてきたこと
古写真とデータファイル
小川一真と江南信國の長崎旅マップ
小川一真の時代と古写真

著者等紹介

森望[モリノゾム]
長崎大学医学部教授・附属図書館長。昭和28年長崎県諫早市生まれ。昭和51年東京大学薬学部卒業。薬学博士。昭和59年渡米。神経科学、老年学分野の研究をおこなう。10年後に帰国。平成8年関西学研都市で科学技術振興機構のさきがけ研究員。平成10年国立長寿医療研究センター分子遺伝学研究部長。平成16年長崎大学医学部神経形態学(第一解剖)教授。平成25年長崎大学附属図書館長を兼務、古写真資料室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件