未来を拓く人文・社会科学シリーズ<br> 資源を見る眼―現場からの分配論

個数:

未来を拓く人文・社会科学シリーズ
資源を見る眼―現場からの分配論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月20日 22時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887138179
  • NDC分類 334.7
  • Cコード C0330

内容説明

資源を生かし分配する人類知の可能性。徹底した現場観察が生む適切な資源化と分配のための視力。ルーティン化した開発援助を超えて。

目次

今、なぜ「資源分配」か
第1部 資源の発見と獲得(資源はどこにあるのか―東北タイ・動く人々の村で;進化する資源へのまなざし―沖縄から;貧しきマイノリティの発見―アイデンティティを資源化する)
第2部 援助と資源の再分配(正しさとコストと同情のはざまで―インドネシアのNGOによる小規模援助プロジェクト;援助が生み出す新たな資源―ベトナムにおける石川プロジェクトの事例;潅漑用水の慣行に習う―「稀少化」した資源の分配メカニズム)
第3部 開発の「後始末」と新しい関係性(資源への働きかけの媒介としての技術―目に見える人工物に隠れる見えない影響;取り外された開発―ソウル市清渓川復元計画を事例に;資源であり続ける貯水池―ボリビア農村部の援助プロジェクトから)

著者等紹介

佐藤仁[サトウジン]
1968年生まれ、東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授。専攻:資源政策論、国際開発協力論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。