世界史の鏡<br> 歴史を変えた火山噴火―自然災害の環境史

個数:
  • ポイントキャンペーン

世界史の鏡
歴史を変えた火山噴火―自然災害の環境史

  • 石 弘之【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 刀水書房(2012/01発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年08月14日 06時13分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887085114
  • NDC分類 209
  • Cコード C1320

目次

第1章 火山噴火と人類
第2章 「火山の冬」と気候変動
第3章 火山噴火が衣服を発明した
第4章 九州南部の縄文文化を崩壊させた鬼界カルデラ
第5章 文明を崩壊させたサントリーニ島火山
第6章 タイムカプセルのヴェスヴィオ火山
第7章 西暦五三五年に何が起きたのか
第8章 夏がこなかった年
第9章 史上最大級の噴火―自然の回復
第10章 二〇世紀の火山噴火
終章 悪夢の時限爆弾

著者等紹介

石弘之[イシヒロユキ]
1940年東京生まれ。東京大学卒業後、朝日新聞社に入社。ニューヨーク特派員、編集委員などを経て退社。85~87年国連環境計画(UNEPナイロビ)上級顧問。96年から東京大学大学院教授、ザンビア特命全権大使、北海道大学大学院教授。この間、国際協力事業団参与、東中欧環境センター理事(ブタペスト)などを兼務。英国ロイヤルソサエティ(RSA)会員。国連ボーマ賞、国連グローバル500賞、毎日出版文化賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『週刊朝日』2012年3月30日 「週刊図書館―話題の新刊」より              評者:土屋 敦
人類は実は,火山の近くに住みつき,文明を築いてきた。火山が生まれるプレート境界付近には地下水が豊富で,畑に適した土地が広がる。また,さまざまな有用な金属や石油などの地下資源もあるのだ。本書は火山と人の関わりから歴史を見直した本だ。(中略)加えて本書は大地震と連動する富士山の可能性にも言及している。歴史を変えてしまうほど強力な火山噴火の恐ろしさとともに,歴史の新しい見方も教えてくれる一冊だ。          
『図書新聞』No.3066 2012.6.16より                          評者:皆川 勤
「地球」が生きていると実感することから自然災害を考えるべき
―火山噴火の歴史を、二○万年によぶ人類史と重ね合わせながら論述―
3.11東日本大震災は、いまだ大きな傷痕を残し続けながら、発生から一年が過ぎたことになる。自然災害の脅威をまざまざと見せつけられたわたしたちは、いまあらためて「巨大な自然の営み」について考えを巡らす時だと思う。といっても、災害をいかに未然に防ぐかといった視線からだけではなく、著者が述べるように「『地球』が生きている事を実感」することから、まず始めていくべきである。わが国は、地震列島とも火山列島とも称されるが、著者はそのことを「宿命」と捉えていく。・・・略・・・本書は、書名のとおり火山噴火の歴史(二一○万年前の火山噴火まで遡って叙述されている)を、二○万年におよぶ人類史と重ね合わせながら、論述していく。わたしが本書から真先に受けた衝撃は、「火山の冬」ということだ。・・以下略・・・

『都市問題』2012年7月号書評より         評者:下田雅己(後藤・安田記念東京都市研究所研究員)
避けられぬ火山噴火―人類の歴史、文明の歴史に与えた影響とは
(略)人間の活動にともなって生じる環境問題についての書籍や評論を多数著している。本書は、火山噴火というそれ自体は「自然災害」が、人類の歴史に与えて来た影響を取りあげている。(略)本書を通じて著者が紹介している第一のポイントは、火山噴火が全地球の気候の変動に大きなインパクトを与える点だ。中世のヨーロッパでは、何度か大きな凶作があり、ペストの流行なども重なって人口の大きな減少という事態が生じた。(略) 本書で著者が紹介する第二のポイントは、大規模な火山の噴火は、いずれ必ず起こるということだ。(略) 本書で筆者は、有史以前、そして有史以来の、世界各地での大きな火山噴火を概観し、紹介している。
読み進むに従い、評者としては、いつ起こるかわからない次の大噴火に際して、どのように手を打って備えるべきなのか、少々の焦燥感を感じたのも事実である。だが、著者も、「以前に比べ噴火予知は進んできたとはいえ、噴火時期や規模の特定はまだかなりむずかしい」としているとおり、自然の驚異が牙をむくとき、その前で人間はいかにも無力である。せめて採り得る対策は、当たり前のことではあるが、現在の技術力で行える観測の徹底と、それを確実に伝達することであろう。先にも触れたフィリピンのピナツボ山の1991年の噴火の場合、火山付近での残層地震や地殻変動の兆候があった時点で避難勧告が出されたため、人的被害は少なく済んだことを著者は紹介している。また、日本でも2000年の有珠山噴火に際して緊急火山情報(現在の噴火警報)が出され、最大約1万6,000名の住民が適切に避難できたことにも触れている。そして著者は、「噴火の可能性予知」の精度向上を期待して、本書を結んでいる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件