世界史の鏡<br> 森と川―歴史を潤す自然の恵み

個数:

世界史の鏡
森と川―歴史を潤す自然の恵み

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月23日 20時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 151p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887085077
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C1322

内容説明

“森と川”から描き出した中世ヨーロッパ世界の実像。

目次

第1章 森と川の法と権利(森は無主地か王の所有地か;封建社会の河川;森と川の交通)
第2章 自然の恵みを集める仕事人たち(森の民;川の民;修道士と隠修士)
第3章 森と川を守れ!(都市民にとっての森と水;神々と妖精の棲まう土地;エコロジー思想の源泉?)

著者等紹介

池上俊一[イケガミシュンイチ]
1956年愛知県に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科博士課程(西洋史学専攻)中退。東京大学文学部助手、横浜国立大学教育学部助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授を経て、同教授。専門は、フランスとイタリアを中心とするヨーロッパ中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『歴史学研究』2010.6 <史料・文献紹介>から
自然と人間の関係に主眼を置く「環境史」,あるいは「環境歴史学」は,歴史学の一分野として近年活況を呈している。自然科学の専門家が加わっての学際的論文集の刊行,学術誌における特集などの形での研究成果が公になる事例は,枚挙に暇がない。しかしその一方で,西洋前近代史に限定するならば,日本語媒体でヨーロッパ地域全体を視野に含めた単著は,イングランド史を除きほとんど刊行されていない状にある。本書は叢書「世界史の鏡」環境部門の口切りとなる1冊として,森と川に焦点を据え,中世ヨーロッパの法的制度,人々の日常生活,そして心的世界における両者の一づけの素描を試みている。・・・中略・・・中世における自然環境の管理・保護規定と現代における自然保護思想とを短絡的に結びつけるのではなく,前者の背景に存在するその種の重層的な自然観の一端を掘り下げることにより,本書は,「ヨーロッパ中世」という特定の時代・地域における自然と人間の相互関係の一端を,より立体的な形で読者に提示することに成功を収めているように思われる。一般書という体裁をとっていることもあり,特にヨーロッパ中世という著者(そして評者)の専門外の読者にも気軽に手にとってもらいたい一冊である。・・・後略・・・     (評者:成川岳大)