スイスが問う日本の明日―近代の中に忘れてきたもの

個数:

スイスが問う日本の明日―近代の中に忘れてきたもの

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月21日 19時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 177p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887084407
  • NDC分類 302.345
  • Cコード C1022

目次

第1章 共同体(スイスの本質;ハプスブルクへの抵抗 ほか)
第2章 「開放型」共同体(地理的、歴史的条件が生み出すスイスの開放性;スイスに流入した金融資産が近代化に果たした役割 ほか)
第3章 スイス経済に見る開放型共同体(スイス経済の特色;スイスの人材育成)
第4章 開放型共同体の危機(急増する移民;国民党の台頭が与えた衝撃 ほか)
第5章 クオリティー・オブ・ライフの追及(シンプル;スイス人にとっての価値―クオリティー・オブ・ライフ ほか)

著者等紹介

花田吉隆[ハナダヨシタカ]
1953年北海道生まれ。1977年東京大学法学部卒業。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等歴任。現在、早稲田大学招聘研究員、清泉女子大学理事、日本国際平和構築協会副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

スイス,ドイツ,東ティモールと転任。外交官の筆者がスイスについて語る。日本の進む道しるべとしてのスイス「開放型共同体」スイス,ドイツ,東ティモールと転任。外交官の筆者がスイスについて語る。日本の進む道しるべとしてのスイス「開放型共同体」

目次
はじめに
第一章 共同体
第二章 「開放型」共同体
第三章 スイス経済に見る開放型共同体
第一節 スイス経済の特色/第二節 スイスの人材育成
第四章 開放型共同体の危機
第五章 クオリティー・オブ・ライフの追及
第一節 シンプル/第二節 スイス人にとっての価値:クオリティー・オブ・ライフ
アメリカ文明とヨーロッパ文明の角逐/第三節 積極的な政治参加としてのクオリ
ティー・オブ・ライフ/国の規模
第四節 自然
第五節 歴史
あとがき

花田吉隆[ハナダヨシタカ]
著・文・その他