刀水歴史全書<br> 直良信夫の世界―20世紀最後の博物学者

個数:

刀水歴史全書
直良信夫の世界―20世紀最後の博物学者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月23日 08時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 291p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784887084308
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1321

内容説明

考古学、古人類学、古生物学、現生動物学、先史地理学、古代農業…その広い研究領域を可能な限り辿り、没後30年に顕彰。未発表原稿:著者の元に遺した原稿・ノートから、10点を引用。

目次

1章 峠の研究
2章 生態学的・生物学的研究―カワウソ(獺)とモズ(鵙・百舌鳥)
3章 獣類化石の研究―シカ(鹿)とゾウ(象)
4章 葛生の洞窟と花泉の化石床―葛生原人と骨器文化の提唱
5章 現生動物の研究―イヌ(犬)とニホンオオカミ(日本狼)
6章 古代農業の研究―粗放農業論の提唱
7章 考古学的研究―貝塚・銅鐸と日本旧石器文化
8章 児童用図書の執筆―子供たちに心のおやつを

著者等紹介

杉山博久[スギヤマヒロヒサ]
1937年神奈川県足柄下郡小田原町に生まれる。1962年早稲田大学大学院文学研究科日本史学(修士課程)修了。1998年定年により神奈川県立小田原城内高等学校を退職。現在、南足柄市文化財審議会委員ほか、日本考古学協会々員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

直良の広い研究領域を可能な限り辿り、その仕事を没後30年に顕彰。「明石原人」に関わる諸見解も紹介し今後の再評価も期待される

1章 峠の研究
2章 生態学的・生物学的研究―カワウソ(獺)とモズ(鵙)
3章 獣類化石の研究―シカ(鹿)とゾウ(象)
4章 葛生の洞窟と花泉の化石床―葛生原人と骨器文化の提唱
5章 現生動物の研究―イヌ(犬)とニホンオオカミ(日本狼)
6章 古代農業の研究―粗放農業論の提唱
7章 考古学研究―貝塚・銅鐸と日本旧石器文化
8章 児童用図書の執筆―子供たちに心のおやつを

杉山博久[スギヤマヒロヒサ]
1937年小田原市に生まれる。1962年早稲田大学文学研究科修了、神奈川県内の公立高校に勤務。小田原市文化財保護委員他を歴任。現在 南足柄文化財審議会委員他、日本考古学協会会員。主要編著:『古墳文化基礎資料 日本横穴地名表』(斎藤忠共編)『直良信夫と考古学研究』『縄文期貝塚関係文献目録』『魔道に魅入られた男たち』他