刀水歴史全書<br> 天皇の影をめぐるある少年の物語―戦中戦後私史

個数:

刀水歴史全書
天皇の影をめぐるある少年の物語―戦中戦後私史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784887083127
  • NDC分類 916
  • Cコード C1321

目次

1章 少国民の記憶から
2章 「御真影」はどのようにして消えたか
3章 天皇信仰と中学受験
4章 本郷西片町の子ども集団
5章 百姓と言うはやすく―山梨県大塚村へ疎開
6章 敗戦―国体は護持されました
7章 敗戦の風景
8章 天皇の「人間宣言」と地方巡幸
9章 遅れてきた青年

著者等紹介

喜安朗[キヤスアキラ]
1931年東京府に生まれる。1950年4月東京大学教養学部入学。1954年3月東京大学西洋史学科卒業。2000年4月日本女子大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。