人間科学叢書<br> ヨーロッパの貴族―歴史に見るその特権

個数:

人間科学叢書
ヨーロッパの貴族―歴史に見るその特権

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 369p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784887082953
  • NDC分類 361.81
  • Cコード C3322

内容説明

本書は、「ヨーロッパの貴族」とはどのような存在なのかを、時間的・空間的な意味でのヨーロッパ全体を視野に入れて、検証しようとするものである。

目次

第1章 概論―貴族の特権とは何か
第2章 財政上の特権
第3章 司法、奉仕義務、および領主支配に関する免責特権
第4章 政治参加の権利
第5章 名誉をめぐる特権
第6章 領主権
第7章 地主としての特権

著者等紹介

指昭博[サシアキヒロ]
1957年大阪府生れ、1981年大阪大学文学部卒業、大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学、現在神戸市外国語大学教授

指珠恵[サシタマエ]
1962年兵庫県生れ、1985年大阪大学文学部卒業、大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『朝日新聞』-2003年2月23日付書評より
「中世から十九世紀半ばまで、なぜヨーロッパの貴族たちは特権を持ちつづけられたのか。王権、議会、他の身分との関係とともに、淡淡と記述されている。特権は多岐にわたる。.......本書は、大半が中流意識をもつ日本人が、今なおエリート主義を濃厚に留めたヨーロッパ社会を理解する上で、大いに裨益するだろう。」