ベギン運動の展開とベギンホフの形成―単身女性の西欧中世

個数:

ベギン運動の展開とベギンホフの形成―単身女性の西欧中世

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月29日 10時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 315p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887082779
  • NDC分類 192.358
  • Cコード C3022

内容説明

本論では、中世ネーデルラントの女性の生活史に、重要な役割を演じたベギンホフ成立の契機と、中世においてベギンホフが果たした多面的な機能についてこれまでの研究および史料をてがかりに考察している。それを通じて、何故ベギンの生活が中世の女性にアピールしたか、という問題に答えた。

目次

第1部 ベギン運動とベギンホフの形成(ベギンとは何か;ベギン運動の展開;ベギン集中居住区の形成;ベギンホフの形成;ベギンホフの法と生活)
第2部 ベギンホフの慈善制度(聖霊ターフェルによる貧民救済;施療院)
第3部 近代以降のベギンホフの歴史から
終結部 修道生活の多様化と貴族主義の終焉

著者等紹介

上條敏子[カミジョウトシコ]
一橋大学社会学部卒業後、1987-88年ベルギー留学。1998年一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。現在一橋大学特別研修生

※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

中世以来西欧各地で見られたベギン(俗人のまま敬虔な生活を営んだ半聖半俗の女性)の運動を先行研究と現地での史料収集に基づいて,詳細に検討