東方学回想〈9〉先学を語る(6)

個数:

東方学回想〈9〉先学を語る(6)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784887082540
  • NDC分類 220.04
  • Cコード C3322

内容説明

本書は、財団法人東方学会の機関誌『東方学』に、1962年より「先学を語る」と題して掲載された生前、直接関係のあった人びとが故人の業績、人柄を語った座談会の記事を集めたものである。

目次

牧野巽博士
水野清一博士
周藤吉之博士
三上次男博士
小川環樹博士
榎一雄博士
井上光貞博士

出版社内容情報

東方学会は日本の東方学(東洋学)の中心として,第二次大戦後はやく1947年に創立され,ひろくアジア全域の文学・史学・哲学・人類学などの諸学を包含する総合学会として重きをなしてきた。その機関誌『東方学』は1962年以来,「学問の思い出」として老大家の追憶談を,「先学を語る」として先学の友人,弟子などによる座談会を掲載し,今年2000年1月100輯の刊行に際して72人を算えた。その20世紀,100輯を記念して,『東方学回想』全9巻とし,ほぼ完全な影印本として刊行する。日本東方学の生きた軌跡である。 牧野 巽博士 水野清一博士 周藤吉之博士 三上次男博士 小川環樹博士 榎 一雄博士 井上光貞博士