アジア史における制度と社会―アジア史研究〈第20号〉

個数:

アジア史における制度と社会―アジア史研究〈第20号〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784887081963
  • NDC分類 220.04
  • Cコード C3022

目次

春秋時代の治獄について
秦の東進と陝県社会
秦の半両銭について
秦漢交替期の亡人の発生とその追捕
北魏の西域討伐をめぐって
西域出土文書に見える唐代軍制関係用語としての「団」について
交雑の禁止
洪武二六年の太祖と衛所官
表徴の帝都
文学に見る明清時代の教育
日本における『水経注』について
アンコール朝の王権論
一九三五年インド統治法と藩王国
セント・カテリーヌ修道院のサダカ(喜捨)問題

出版社内容情報

中央大学東洋史学科の機関誌『アジア史研究』20号記念。昭和26年創設以来アジア全域をカヴァーして特色とし,1977年嶋田襄平教授の発刊の辞とともに第1号を世に送り,現在にいたる(→29頁)