世界はフラットにもの悲しくて―特派員ノート1992‐2014

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 333p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784886960320
  • NDC分類 302
  • Cコード C0095

内容説明

何かをとらえるとき、アフリカ、中南米、福島といった大きな枠でとらえると間違いを犯す。枠の中には、幾多の個人がひしめいているからだ。アフリカ、ラテンアメリカでの体験を中心に、毎日新聞特派員が見たこと、考えたこと46篇。

目次

1 路上の生
2 果ての情景
3 男
4 女
5 ラテンアメリカ文学の舞台
6 死
7 神
8 国家、アイデンティティー
9 戦場にて

著者等紹介

藤原章生[フジワラアキオ]
ジャーナリスト、毎日新聞編集委員。1961年、福島県常磐市(現いわき市)生まれ、東京育ち。北海道大学工学部資源開発工学科卒業後、住友金属鉱山に入社。1989年、毎日新聞社記者に転じる。長野支局を経て、1992年より外信部。ヨハネスブルク特派員(1995~2001年)、メキシコ市支局長(2002~2006年)、ローマ支局長(2008~2012年)。帰国後、夕刊編集部を経て、2013年4月より編集委員兼郡山支局長、2014年4月より編集委員(地方部兼デジタル報道センター)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件