校則、授業を変える生徒たち 開かれた学校づくりの実践と研究―全国交流集会2期10年をふりかえる

個数:

校則、授業を変える生徒たち 開かれた学校づくりの実践と研究―全国交流集会2期10年をふりかえる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月07日 13時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 306p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784886838964
  • NDC分類 374
  • Cコード C0037

内容説明

「ツーブロック禁止」はやめました!生徒が参加して校則を変える学校運営。校長権限強化ではなく、生徒・教師・保護者三者による参加と共同の学校づくりとは?大東学園高校(東京)、入間向陽高校(埼玉)、山田高校(愛知)、粉河高校(和歌山)、奈半利中学(高知)の実践記録からみる。「開かれた学校づくり」全国交流集会20年の研究成果。

目次

第1部 実践編(生徒の学校運営参加と地域づくり参加の実践の意義;高知県奈半利町における「開かれた学校づくり」を振り返る;一八年目の「三者協議会」大東学園高等学校;主権者教育を踏まえた開かれた学校づくりの取り組み;埼玉県立入間向陽高等学校―「向陽高校をよくする会(学校評価懇話会)」から見る持続可能な「開かれた学校づくり」
高校生が地域を考え、創る自主活動と授業 KOKO塾という取り組み)
第2部 研究編(開かれた学校づくりからみた国民の教育権論の基本問題;「社会に開かれた教育課程」とカリキュラム・マネジメントを読み解く―埼玉の学校評価の新たな段階とウィズコロナ時代の展望;フランスにおける生徒の権利と学校・社会・政治参加―子どもの権利条約に注目して;ドイツの学校参加制度と生徒参加の展開;開かれた学校づくりと子どもの権利保障;学習環境調査を活用した対話のある学校づくり)
第3部 資料編

著者等紹介

浦野東洋一[ウラノトヨカズ]
1943年4月1日長野県生まれ、1965年3月東京大学教育学部卒業。教育行政学専攻。北海道教育大学、東京大学、帝京大学教員(1970年4月~2021年3月)。東京大学名誉教授

勝野正章[カツノマサアキ]
1965年生まれ。東京大学教授。2010年より「開かれた学校づくり全国交流集会」の呼びかけ人代表を務める。専門は教育行政学、学校経営学

中田康彦[ナカタヤスヒコ]
1968年生まれ、一橋大学大学院社会学研究科・社会学部教授。主要研究領域は教育法制・教育政策・教育行政。著作多数

宮下与兵衛[ミヤシタヨヘエ]
1953年生まれ。東京都立大学特任教授(教育学)。元長野県辰野高校教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。