国際カルテル―狙われる日本企業

個数:

国際カルテル―狙われる日本企業

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月10日 05時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 309p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784886838759
  • NDC分類 335.57
  • Cコード C0036

内容説明

ふつうに仕事をしていた日本人ビジネスマンが、ある日突然、アメリカ司法省に摘発される。国際カルテル事件に関与したとされ、独禁法違反に問われる。ある者は海を渡り、司法取引を結ぶ。その結果は連邦刑務所行きだ。またある者は、起訴されても日本国内に立てこもる。囚人を選ぶか、逃亡者を選ぶか、究極の選択を迫られる。企業も重いペナルティーを科される。一〇〇億円を超える罰金も珍しくない。汗水たらして稼いだ利益が一瞬にして吹き飛ぶ。アメリカ司法省にとって、日本企業とその社員は、イージーターゲットだ。まずは、敵を知ることから始める必要がある。

目次

第1章 「史上最大」のカルテル事件
第2章 アメとムチ
第3章 日本人に禁錮刑
第4章 司法妨害
第5章 カフカ的世界
第6章 日本人引き渡しの可能性は?
第7章 李下に冠を正さず

著者等紹介

有吉功一[アリヨシコウイチ]
1960年埼玉県生まれ。1984年大阪大学文学部仏文科卒。1984年東レ株式会社入社。1988年株式会社時事通信社入社。1994~98年時事通信社ロンドン支局特派員。2006~10年時事通信社ブリュッセル支局長。現在、時事通信社外国経済部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。