人生の同伴者―ある「在日」家族の精神史

個数:

人生の同伴者―ある「在日」家族の精神史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月26日 10時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 423p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784886838230
  • NDC分類 334.41
  • Cコード C0036

内容説明

日本植民地下の朝鮮済州島から渡日し、そこで出会った若い男女。二人は大阪に居を構え、やがて「僕」たち子どもが次々に生まれた…。その子どもの一人である「僕」の視点で描く在日一世の父と母。彼らの努力と挫折、相互の葛藤、そして一世と二世である親子の情愛と軋轢、さらにはその家族を取り巻き、共に暮らしていた人々との多様で重層的な関係を活写する。

目次

第1部 成長過程の僕と両親(母と子の幸せ;僕の特権化と脱出願望)
第2部 両親の来歴と渡日後の生活(両親の来歴;在日の「下請け」の懐具合と技術革新の大波;母そして家を中心としたわれわれの関係世界)
第3部 中年の僕と老齢化した両親(父の人生の整理;コウバの人間模様;父の弔いと宿題;母と自転車)
エピローグ 今なお現役の母

著者等紹介

玄善允[ゲンヨシミツ]
韓国済州島出身の両親の二番目の子どもとして、1950年に大阪で生まれる。日本の公立の小中高を経て大阪大学、大阪市立大学大学院で仏語、仏文学を学んで以降、京阪神の諸大学でフランス語・文学を講じ、その傍ら、在日、済州、中国朝鮮族関連の研究もどきも愉しんでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。