権力を取らずに世界を変える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 542,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784886836427
  • NDC分類 309.3
  • Cコード C0030

出版社内容情報

「私たちが力を得ようとして、党をつくったり、武器を取ったり、選挙に勝ったりしようとするなら、歴史上これまで現れた、さまざまな強者たちと変わらないことになってしまいます」世界の「革命派」に衝撃を与えた話題の書。11ヶ国で翻訳。

目次

叫び
国家を超える?
権力を超える?
物神崇拝―痛ましいディレンマ
物神崇拝と物神化
反物神崇拝と批判
科学的マルクス主義の伝統
批判的・革命的主体
反権力の物質的リアリティ
反権力の物質的リアリティと資本の危機
革命

著者等紹介

ホロウェイ,ジョン[ホロウェイ,ジョン][Holloway,John]
社会学・哲学・政治学者。1947年、アイルランドのダブリンに生まれる。エディンバラ大学に学び、政治学で博士号を取る。同大学教授などを経て、現在はメキシコのプエブラ自治大学社会人文科学研究所教授。メキシコのサパティスタ運動、アルゼンチンのピケテーロス運動などの民衆運動に実践的・理論的に関与し、世界社会フォーラムで活躍。アントニオ・ネグリ、マイケル・ハートと並び称される反権力(アンチパワー)思想家

大窪一志[オオクボカズシ]
1946年神奈川県生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。筑摩書房、日本生協連広報室などの編集者を経て著述業

四茂野修[ヨモノオサム]
1949年東京都生まれ。東京大学文学部哲学科中退。動労本部に就職して労働運動に従事、JR東労組、JR総連役員を歴任。現在はJR総連国際委員長、国際労働者交流センター(ICLS)事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きいち

13
自分が自分の人生や周囲の環境の主人であり、当事者であるという状態を手に入れることが、なぜこんなに難しいのか。そのしくみをがっちりと説き明かした上で、それでもなお世界を変えようと呼び掛ける、そんな力強さを持った本。アイデンティティーを、人を「する」主体から引き離し「○○である」の世界に閉じ込める罠として捉える見方が新鮮だった。ギデンズの再帰的自己の概念などと合わせて、今の僕らならではの世界の変え方を導きだす橋頭堡としたい。いい本だった。2012/05/23

ひつまぶし

0
ようやく読み終えた。4週間くらいかかった。しかし、今読むに適った本だった。この本は何よりタイトルがいい。難しい理屈とか、準備とかを取っ払って今ここから何ができるのか、何をするのかを知るための本だった。マルクス主義の概念を再検討する4章以降で以前、挫折しているが、今回はがんばって最後まで読み切った。繰り返しが多い印象も強いけど、「理屈がどうあれ、重要なのはこのこと」を示しているがゆえなのだろう。この社会の中で苦しみながら社会を変えようとすれば、矛盾を含みながら生きることこそ、正しい方向であり、あり方なのだ。2021/12/31

六風堂

0
叫び 「する」力と「させる」力 行為と行為の結果の分断 467ページ 概念としてのアイデンティティと制度は、ともに「なんであるか」に関心を向けるものです。それに対して、社会的自己決定に向かう営みは、「われわれはおこなう」が絶対的に支配する方向を目指す営みなのです2020/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/141826

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。