匠のモノづくりとインダストリー4.0―第4次産業革命における日本の役割

個数:

匠のモノづくりとインダストリー4.0―第4次産業革命における日本の役割

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784886613530
  • NDC分類 509.2

目次

序章 インダストリー4.0とは何か(ドイツの産業政策としてのインダストリー4.0;インダストリー4.0を追うのは)
第1章 地球に、何が起きていて、何が問題・課題なのか(成長の限界;工業の幻想 ほか)
第2章 ドイツ、米国、日本では何が起きているのか(ドイツで起こっていること;米国で起こっていること ほか)
第3章 解決のためのコア(モノには神様がいる;布教活動 ほか)
第4章 地球工場の向かっていく方向と行き着くところ(金融リスクの回避;人口と雇用 ほか)

著者紹介

柴田英寿[シバタヒデトシ]
生まれは三重県伊勢市(1967年)で、小学校より名古屋で育ちました。早稲田大学に入って東京に出てきました。日立製作所でシステムエンジニアになり、横浜に住んでいます。その後、大学院でセントルイスに住み、ロサンゼルスにも、ひと夏、いました。サプライ・チェーン・マネジメントが本職でしたが、サプライ・チェーンのシステムに関する特許を書き出したことから、知的財産権の世界に入りました。東京大学の非常勤講師や日本知財学会の創設期の理事などをするようになり、非常勤講師の延長線で、ボランティアの事業計画講座を毎年開催しています(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)