コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く

個数:

コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2019年02月17日 12時54分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 295p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784886563804
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C0036

目次

第1章 知られざる反日国際ネットワークの実態(中国共産党と国際反日ネットワーク;東京裁判やり直しを要求するノーマン・ダワー路線)
第2章 東京裁判史観を批判する親日国際ネットワーク(戦後日本を支えた大東亜戦争の遺産;世界から見た靖国神社;ASEAN結成を支えた民間外交官・中島慎三郎)
第3章 アメリカで東京裁判史観の見直しが始まった(外務省「機密文書」が示す戦前の在米反日宣伝の実態;ヤルタ協定を批判したブッシュ大統領と保守主義者たち;アメリカで追及される「ルーズヴェルトの戦争責任」;「ヴェノナ文書」が暴いたコミンテルンの戦争責任;コミンテルンが歪めた憲法の天皇条項)
第4章 靖国神社をめぐる戦後史の真実(靖国神社「A級戦犯」分祀論は誤りだ;戦没者追悼を重んじられる天皇陛下;新たな外交摩擦を生む国立追悼施設は不要だ;解禁された「学校行事としての靖国神社訪問」)

著者等紹介

江崎道朗[エザキミチオ]
日本会議専任研究員。昭和37年生まれ。九州大学文学部哲学科卒業の後、月刊誌『祖国と青年』編集長を経て平成9年から「日本会議」(会長・三好達元最高裁長官)事務総局に勤務、外交・安全保障及び教育に関する政策研究を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。