映画と災厄―生にフラッシュを

個数:
  • ポイントキャンペーン

映画と災厄―生にフラッシュを

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年04月09日 15時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784885880988
  • NDC分類 944
  • Cコード C0098

内容説明

映画に端を発した自伝的エッセー集。

目次

1 映画と災厄(映画と災厄;私たちの足元の地面;アルト・アウス湖 一九三〇年;クリスマス 一九二七年、一九三七年、一九四一年;ゲルマニストの娘 一九三四年 ほか)
2 消失の日誌(「消失の日誌」への序論;別れの練習;ジャーマン・イメージ;リーフェンシュタール女史;フォンターネの景域―マリアンネ・ホッペ ほか)

著者等紹介

アイヒンガー,イルゼ[アイヒンガー,イルゼ] [Aichinger,Ilse]
1921年、ウィーンに生まれる。第二次世界大戦後、大学で医学を学び始めるものの、執筆に専念するために中退。唯一の長編小説『より大きな希望』(1948/60年)は、異彩を放つ戦後文学として広く読み継がれている。短編「鏡物語」(『縛られた男』所収)に与えられたグルッペ47賞(52年)を皮切りに、ネリー・ザックス賞(71年)、ペトラルカ賞(82年)、偉大なるオーストリア国家賞(95年)他、数々の文学賞を受賞。80年代以降は執筆活動を休止していたかのようであったが、今世紀に入り、自伝的エッセー集を発表している。2016年、ウィーンに没する

小林和貴子[コバヤシワキコ]
慶應義塾大学、ハンブルク大学で学ぶ。現在、学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科准教授。二十世紀ドイツ語圏文学、オーディオドラマやオーディオブックを研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。