マンデラの南アフリカ―アパルトヘイトに挑んだ外交官の手記

個数:
電子版価格 ¥943
  • 電書あり

マンデラの南アフリカ―アパルトヘイトに挑んだ外交官の手記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784885461149
  • NDC分類 316.848
  • Cコード C0095

内容説明

「人種差別の極致ともいえる南アフリカ共和国のアパルトヘイト―いったいこのような不合理な制度がいつまで続くのか。国際社会はそれに対して有効な手を打てないのか」本書は、外務省アフリカ第二課長としてこの問題に取り組んだ、著者の3年間の記録である。

目次

1 アパルトヘイトの矛盾(アフリカとの出会い;南アの人種隔離政策 ほか)
2 国際社会の対応(国連と英連邦;先進国サミットでの討議 ほか)
3 日本にとっての南ア問題(政府の基本的立場;日本の対南ア規制措置 ほか)
4 新たなアフリカ外交を求めて(政策対話の推進;南ア黒人を積極支援 ほか)
5 南部アフリカと南ア(周辺諸国の不安定化;共同開発の試み ほか)

著者等紹介

天木直人[アマキナオト]
前駐レバノン特命全権大使。1947年、山口県生まれ。69年、京都大学法学部中退、上級職として外務省入省。中近東アフリカ局アフリカ第二課長として南アフリカの人権隔離政策撤廃に取り組む。内閣安全保障室審議官、在マレーシア、在オーストラリアおよび在カナダの各大使館公使、駐デトロイト総領事などを歴任。駐レバノン特命全権大使としてイラク戦争に反対する公電を送り日本政府の対米追随を批判、「勇退」を迫られた
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネネムム

0
アパルトヘイトを日本の視点で切り取った本。もっとマンデラについての話があると思ったが、著者の経験談が主で当時の日本の対応と立場がよく分かった。2014/12/06

shiaruvy

0
コメント予定

ks

0
絶対に暴動を起こしてはならない。必ず我々は勝つのだから。2010/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/242849

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。