獄中の人間学 (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

獄中の人間学 (新装版)

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784884746834
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

内容説明

戦犯として18年もの間、シベリア・中国で抑留生活を余儀なくされた、元満洲国総務庁次長と元山西野戦軍副司令官が語る獄中生活と極限下での人間の生き様。

目次

1 終戦・監獄―ソ連から中国へ
2 信念―復活への試練
3 出獄―周恩来との会見と中国の意図
4 帰国―再出発、第二の人生
5 戦略と戦術―ミクロとマクロ
6 日本の外交―協調の美徳

著者紹介

古海忠之[フルミタダユキ]
明治33年、京都生まれ。京都府立一中、第三高等学校、東大法学部を卒業後、大正13年大蔵省に入省。昭和7年、満洲国政府に派遣、昭和20年満洲国総務庁次長として逮捕される。禁錮18年の刑を受け、昭和38年帰国。岸信介氏らに請われてTOC「東京卸売りセンター」の設立に尽力し、後に社長を務める。昭和58年8月逝去

城野宏[ジョウノヒロシ]
大正元年、長崎生まれ。昭和13年、東大法学部卒業後、徴兵で中国に渡る。中華民国山西省政府の指導に当り、終戦後も山西野戦軍を指揮し中国人民解放軍と戦う。首都太原落城により捕虜となり、昭和39年、帰国。著書に『転機の行動学』『三国志の人間学』など。昭和60年12月逝去