あなたの脳も危ない―福祉の谷間からの告発

個数:

あなたの脳も危ない―福祉の谷間からの告発

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 140p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784884161484
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

脳損傷者の多くが「対象外」として福祉・医療の谷間に取り残されていることを知っていますか?あなたが今日、その谷間に突き落とされたらどうしますか。

目次

第1章 福祉後進国ニッポン―福祉・医療の谷間で(飛行機は来てもヘルパーは来ない町―福祉と医療の自治体格差;医者は命だけ助ければそれでいいのか―脳に関する医療の過去・現在・未来;えっ、時給がたったの208円?―障害者の介護料を考える)
第2章 私たちは植物じゃないんだ―遷延性意識障害者と人権(一家の長であり、夫であり、父親だった―脳出血で倒れた夫の無念と誇り;医療ミスをしたあげく強制退院させた病院―もの言えぬ生命に人権の灯を)
第3章 見た目ではわからぬ脳のトラブル―高次脳機能障害と障害認定(裁判に勝ってもお金が入らない?―日本初、「高次脳機能障害」を認定させた裁判;30代で隠居しろというの?―高次脳機能障害者の就労支援;誰が償ってくれるの、この悔しさ―交通事故被害者の原体験から;人生がひっくり返った障害が「軽度」か?―高次脳機能障害と自賠責保険後遺障害等級)
10年の活動で見えてきたもの、めざすもの