世界中の「危険な街」に行ってきました

電子版価格 ¥613
  • 電書あり

世界中の「危険な街」に行ってきました

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883929788
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0126

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

58
世界の危険な街が紹介されている。危険と言っても普通の人も住んでいるので危険なめに遭うことが多い街といってよいかもしれない。どの街も貧困が原因のスラム街があることが共通点。気をつけるというよりも近寄らないことが一番の安全策のようだ。世界一危険な街はどこなのか?と書かれているがこれは誰にも決められないと思う。あくまで著者の主観だ。2016/12/09

それん君

8
今の日本が如何に安全で平和か気づかされます。 少年の将来の夢が凶悪犯罪者なのは驚きでした。 あくまで個人的な考えですが、日本の教育では死について真剣に考えることがほとんどありませんがそれってどうなのかなとこの本を読んで思いました。2016/11/15

小木ハム

4
恐いもの見たさで購入、危険地帯の旅行記です。自分は安全な所でぬくぬく頬杖、コロッセオを俯瞰する観客の心境に近いかも。ヨハネスブルグの凶悪さはテレビで知ってたけど『リアル北斗の拳』との紹介に草。世界にはこんなにもヤベェ街があるのか!命あっての物種です。自分が行く事は一生無い笑。このシリーズは他にもある様なので読んでみたいな。2015/08/12

Yasutaka Nishimoto

4
いやぁ、危険だ。これじゃぁ道路を歩けないといった最悪な場所から、気をつけていれば何とかなるかなぁと思ってしまう場所まで。殺されてしまっては元も子もない。最小限の現金だけ持って、貴重品は宿が良さそう。ヨーロッパで宿に財布を預けて、2万円抜き取られたのが懐かしい。2017/09/14

yoko-chang

3
まず観光で行くことのない知らない街ばかり。日本が好きというより、いろんな国や文化や人種を知って日本がより好きになりたい。いくら命があっても足りないルポだと思う。あわせて、自分自身がチキンで良かったと思えた一冊。2016/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7970839

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。