文豪たちが書いた怖い名作短編集

個数:
  • ポイントキャンペーン

文豪たちが書いた怖い名作短編集

  • 彩図社
  • 価格 ¥652(本体¥593)
  • 彩図社(2014/01発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 21時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 191p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883929665
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

🐾Yoko Omoto🐾

149
物語そのものは単純でありながら、単純であるがゆえの怖さを見事に描いた名作揃い。正しい日本語で紡がれた文豪の端正な文章は本当に心地よく、視覚に訴えるような表現に惚れ惚れする。乱歩の押絵は言わずもがな、志賀直哉の「剃刀」、芥川の「妙な話」はやはり傑作。十蘭の「骨仏」「昆虫図」はリアルな恐怖が濃縮された逸品で、綺堂の「蟹」、八雲の「破約」は、オカルトながらも真理を突く物語が後をひく面白さ。昔話にありがちながら、言い伝えの根源と教訓を描いた「赤いろうそくと人魚」も良かった。読んでただ面白いと思える、それこそ名作。2019/07/28

sin

63
文体が今様なのでお若い方に取っ付き易いのでは或まいか、何より選出された其々の作品同士、絶妙なバランスを保ちながら読む方を刺激して来るように感ぜられるのは、同じ時代を背負った作者達ならではの世界観の所以であろうか…。2014/01/14

mii22.

56
不思議な話からゾクリとする怖い話まで、11人の文豪が描く15の短篇。既読の話も多かったが、それぞれ楽しめた。お気に入りは、不気味な卵の正体が知りたくてどんどん引き込まれっていった夢野久作「卵」おぞましいラストへ向かってゾクゾクさせられる久生十蘭「昆虫図」「骨仏」。怖いというより切なさで胸を締め付けられる、江戸川乱歩「押絵と旅する男」小川未明「赤いろうそくと人魚」も好き。その他も名作短篇ばかり。2017/09/10

とろこ

52
夢野久作、夏目漱石、江戸川乱歩、小泉八雲、小川未明、久住十蘭、芥川龍之介、岡本綺堂、志賀直哉、内田百間、火野葦平という、豪華な11名による15作品が収録されている。既読のものもあったが、総じて楽しめた。「怖い話」として括られているが、作家によって風味はそれぞれ違う。共通しているのは、「ホラー」というよりは「怪談」寄り、という点。また、人間の業の深さをさらりと描いていて、文豪と呼ばれる人たちは、やはり違うな、と感じた。2020/09/02

ざるこ

47
文豪作品を手っ取り早くまとめて読めると思って挑戦。11作家15作品。怖いというより奇妙で胸がざわざわする感じ。古典作は展開やオチが想像がつくのも多いけど、その綺麗な言葉や正しい日本語は本当に美しいなと思う。印象深いのは志賀直哉「剃刀」少しずつ狂気の芽が育ち一線を越えてしまうラストの脱力感が生々しい。火野葦平「紅皿」青河童と赤河童の会話文がなんだか滑稽だけど疑り合って復讐してて哀れ。内田百閒「件」「冥途」阿房列車は愉快だったけどこの2作は孤独で寂しい。江戸川乱歩「押絵と旅する男」は何度読んでも不気味で好き。2021/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7858093

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。