10xの世界―素粒子から銀河まで

個数:

10xの世界―素粒子から銀河まで

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 85p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883929177
  • NDC分類 404
  • Cコード C0040

内容説明

「10倍」していくとわかる極小の世界・巨大な世界。大人も子供も楽しめる。素粒子、ミジンコ、日本、宇宙…一見あまり関連がなさそうに見えるけど、「X」を使えば、きれいに一列にならべられる。この本を読めば、バラバラに散らばった知識がきれいに整理できます。

著者等紹介

上田剛慈[ウエダタケジ]
岡山大学工学部精密応用化学科および同大学院修士課程で電気界面化学を学ぶ。外資系半導体製造装置ベンチャーに4年勤務後、東京大学小宮山進教授のテラヘルツ単一光子検出器開発プロジェクトの研究スタッフとして研究開発をおこなう。波長10~50μmのテラヘルツ端(遠赤外線)領域で世界初・最高感度実現となる単一光検出器開発に成功。この研究成果により東京大学より博士(学術)を受ける。同研究を通じ物理と量子半導体工学を修得。大手メーカーの海外マーケティングに従事後、2012年に独立し株式会社エナジーフロントを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月讀命

43
10のー17乗mの素粒子の世界から10の20乗mの銀河迄を、見開きの綺麗な写真やカラーの想像図で紹介している。10の-17乗メートル=素粒子の世界、ヒックス粒子やニュートリノ、クォーク等の簡単な説明があるが理解できませんね。私が学生の頃の教科書には電子、陽子、中性子が一番ミニマムだった。逆にこの本のマックスは10の20乗メートル=10京Kmの銀河系の雄大な世界が存在する。ミニマムからマックス迄見ていくと、物理化学の世界から、生物の世界、地学の世界、天文学の世界と理科の世界は一つで繋がっているように感じた。2018/05/05

Yoshitaka Yamazaki

2
見開き毎に10倍ずつ進むので、世界の大きさを理解したような気になれる・・・と思ったけど、やっぱり大きすぎるのは良く分かりませんでした。大きなカラー写真が一杯で、眺めているだけでも楽しい☆2013/06/30

123polka

2
普段バラバラに乗ってる科学が一冊にまとまっている。やさしい表現で読みやすい。2013/05/29

ななみ

1
極微の世界から宇宙を越えるスケールまで、物の大きさを10倍ごとに整理した「絵本」。まあ、あまり厳密さを求める物じゃないのでいろいろあるけど気にしない。とても楽しく読めました。ぜひお子さんに読んでもらって、この世界の雄大さを実感として刻み込んで欲しい。それにしても驚いたのは、10倍刻みのコマの中に、たったひとつだけ空白地帯があること。他のコマが知識の蓄積と共に埋まってきたように、いつかここにも何かが書き込まれる日が来るのだろうか…とか思っていたらなんだか胸が熱くなってきた。2013/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6739757

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。