ぼくは農家になった

個数:

ぼくは農家になった

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月24日 08時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883927074
  • NDC分類 611.7
  • Cコード C0195

内容説明

さらばサラリーマン生活、これからの仕事相手は農耕具と田んぼと畑だ!脱サラ農家の明るく楽しい就農のススメ。

目次

第1章 百姓になりたい(すべては援農から始まった;農地を探して;いよいよ就農…?)
第2章 有機農業七転八倒(新天地を求めて;村の暮らし;借りた畑で大失敗)
第3章 ここがボクの生きる場所(山川町は四国の軽井沢;いっちょうまえの百姓になる;百姓はおいしい!)

著者等紹介

今関知良[イマゼキトモヨシ]
1937年生まれ。会社勤めをしていた48歳のとき、ふとしたきっかけで農業に目覚めた。1987年に脱サラ、千葉県に移住して有機農業を始める。1990年、徳島県の山川町に農地を購入、自給自足的な百姓生活に入る。以後、執筆活動にも注力(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。