高校生でもわかる日本経済のすごさ!

個数:

高校生でもわかる日本経済のすごさ!

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883927067
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

内容説明

年金、消費税、格差、国の借金。4つのテーマから見る、日本の将来が安泰なこれだけの理由。

目次

第1章 消費税は上げる必要はないのです(政府の借金とは何でしょう?;政府が『破綻する』には、どうすればいいでしょうか?;政府の財政はなぜ健全化されるのでしょうか?;政府の借金は、子孫に残りません)
第2章 円高で経済破綻するなんて、大嘘です(そもそも外需依存って、何ですか?;日本の輸出の主力は、テレビでも自動車でもありません;過去の日本はなぜ高度成長したのでしょうか?;デフレで成長する産業って、何でしょうか?)
第3章 日本ほど有望な国は、世界に一つもありません(日本の「格差論」など嘘っぱちです;世界で最もお金持ちなのは日本人です;世界で最も安全な国で、犯罪件数が減少中であることを知っていますか?;世界で最もイノベーティブな国)
第4章 年金制度は心配ありません(日本政府に隠れ債務などありません;そもそも年金制度は問題なのですか?;国民が金持ちであるほど、政府は貧乏政府が金持ちなほど、国民は貧乏。;医療・介護費用増加へのソリューション(解決策))

著者等紹介

三橋貴明[ミツハシタカアキ]
1994年、東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒。外資系IT企業をはじめNEC、日本IBMなどに勤務後、2004年、中小企業診断士の国家資格を取得。2007年ごろ、インターネット掲示板「2ちゃんねる」上での韓国経済に対する分析、予測が反響を呼ぶ。掲示板内で書籍化の計画が発案され、その経緯もネット上で報告される珍しいプロセスを経て、同年6月『本当はヤバイ!韓国経済(彩図社)』を刊行。企業の財務分析で培った解析力をマクロ経済に応用し、経済指標など豊富なデータをもとに国家経済を多面的に分析する「国家モデル論」が注目される

廣宮孝信[ヒロミヤヨシノブ]
1997年大阪大学工学部電子工学科卒。1999年大阪大学大学院工学研究科電子工学専攻博士前期課程修了(工学修士)。1999年精密機器メーカーに入社。研究所にてプログラマーとして勤務の後、マーケティング、市場分析、事業分析業務等に従事。2005年に退職し、マンション経営の傍ら会計学を独学。個人トレーダーとして債券投資、株式現物・信用取引、外為FX取引、商品先物取引、ヘッジファンド流投資手法などを経験(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。